東日本大震災被災者が明かす「いらなかった物資」は手回しラジオ

東日本大震災被災者が明かす「いらなかった物資」は手回しラジオ

避難所生活で本当に役立ったもの、いらなかったものは?

 いつ大きな地震が発生するかわからない日本列島。東日本大震災の経験で得た教訓を今後に活かしていかなくてはならない。

 被災して避難生活に入ると、いろいろと足りないものも出てくるだろう。しかし、実際に避難生活を経験しないと、何が必要で、何が必要でないかはわからないものだ。

 避難所生活中、全国からさまざまな物資が届く。しかし、なかには送られてきて困ったものもあったという。避難所生活で本当に役立ったものを、陸前高田市で被災した防災士の佐藤一男さんに聞いた。

「助かった」もの

●タオル
「体を拭く、枕やアイマスクにする、羽織って防寒対策、広げて吊るせば目隠しになるなど、多用途に使えるので、タオルは大中小、何枚あっても困りません」(佐藤さん・以下同)

 手ぬぐいなど生地の薄いものならマスク代わりにもなる。防災袋に入れるときは、圧縮袋を使えばコンパクトになるのでおすすめ。

●寝間着・ゆるい衣類
 避難所では、一日中同じ服装で過ごすことになるため、寝るとき用のゆるい衣類が手に入ったときはうれしかったという。

「洋服のまま寝るのって、想像以上に窮屈なんですよね。ウエストがゴムになるだけでも、横になるときラクですよ」

●おもちゃ・漫画など娯楽品
「娯楽品は、命にかかわるものではないので、支援を受ける側からは“欲しい”とは言いづらいんです。それだけにおもちゃが届いたときは、本当にありがたかった。子供たちのいい気分転換にもなり、特に家族でできるトランプは重宝しました」

●模造紙+フェルトペン
「物資の配布など、避難所内で決まったことは、毎日同じ時刻に発表するようにしました。その際に活躍したのが模造紙とフェルトペン。アナログではありますが、身近な人に最新情報を伝えるのに紙とペンは必要不可欠でしたね」

●マスク
 避難所では風邪が一気に蔓延する。コロナ禍にかかわらず、感染症対策としてマスクは必須。

「避難所の建物は天井が高く、乾燥しがち。のどを痛めると風邪を発症しやすいので、寝るときもマスクをした方がいいですよ」

「あったらよかった」もの

●水+塩or梅干し
「汗をかいた後は、水だけ飲んでも体内の塩分濃度が下がってしまい、すぐに喉が渇いてしまいます。貴重な水分を体の中にとどめておくためには、塩分が大事だと実感。避難所では調味料の入手が難しいので、自前の防災袋には500mlの水3本と、塩や梅干しを入れています」

●エアマット
 避難所の床は硬くて冷たい。何も敷かずに寝ると、床の冷気で体が冷える。

「特に高齢の両親は、避難所の硬い床で寝るのがつらそうでした。空気で膨らませて使用するエアマットがあったらよかったなと思いました」

「いらなかった」もの

●手回しラジオ
 ハンドルを回すことで電気を発生させ、ラジオが聞ける手回しラジオ。

「電池がなくても使えるので、防災グッズの定番ですが、ハンドルを回し続けないといけないので疲れるし、回す音がうるさくてラジオが聞こえないなどの理由で不評でした」

●セット売りの防災袋
「市販の防災袋が個人から届けられましたが大半の水や食料は賞味期限切れ。買って満足せず、年に一度は中身の確認をした方がいいと実感。また、自分に必要なものが入っているわけではないので、使いこなせませんでした」

【プロフィール】
佐藤一男さん/避難所運営アドバイザー・防災士。避難所の運営にも携わる。震災後、海がこわくなり、漁師を廃業。2014年に防災士の資格を取得。

取材・文/鳥居優美、イラスト/さややん。

※女性セブン2021年3月25日号

?

関連記事(外部サイト)