津波で壊滅的被害を受けた岩手108港 見事によみがえったその姿

津波で壊滅的被害を受けた岩手108港 見事によみがえったその姿

高さ17.3mもの津波が襲った田老漁港(写真提供/岩手県農林水産部漁港漁村課)

 さけやます、さば、いかに養殖のわかめ――世界三大漁場の三陸沖の恵みで、岩手県は昔から水産業が盛んだった。しかし、東日本大震災の大津波により、111あった漁港のうち108が壊滅的状況に陥った。あれから10年。現地を訪れると、見事に復興した漁港があった。

 東日本大震災による岩手県全体の被害額は約1兆1000億円にのぼった。そのうち、水産業・漁港の被害額が約5600億円と半分を占め、その被害の甚大さがわかる。岩手県漁港漁村協会会長理事の鈴木俊一代議士が復興への道のりを振り返る。

「そもそも水産業というのは非常に裾野が広いんです。船で海に出て魚を獲るだけではなく、水揚げの市場、水産加工、冷蔵冷凍施設、流通、小売りなど、そのどれかが欠けても成り立たない。水産業の復興には、それらが一斉に同時に立ち上がる必要がありました。

 だから、漁業活動の復旧には相当の時間がかかりました。それでも復興庁や、三陸で漁業にかかわる人々の熱意と情熱で、おかげさまで壊滅的な被害を受けた108の漁港のすべてが、震災前のレベルまで復旧に成功しました。それもつい最近のことです」(鈴木代議士・以下同)

 多くの人命が失われ、生活の糧であった漁港が流された。深い悲しみと絶望に加え、震災後しばらくは港の復旧さえ危ぶまれる議論もあった。

「岩手には漁港が111ありますが、なかには所属する漁船が10も満たない小さな港もある。そうした漁港を集約した大規模漁港をつくり、そこを中心に投資しようという声が一部にありました。

 しかし、それは漁業の実態を知らない人の理屈です。それぞれの海域ごとに定置網があり、養殖場があり、その近くに漁港があるから漁業活動ができるんです。わざわざ車で30分かけて大きな漁港まで行って、船で何時間もかけて漁場に行くなど、非現実的な話です。『浜』で暮らす地域のかたがたのためにも、すべての漁港を復旧させる。その思いは揺るぎませんでした」

 港は新しく生まれ変わったが「漁港造り」に終わりはない。

「漁業者の高齢化に伴って、船からの荷揚げをしやすくする設備を整える。女性が働きやすい環境にする。最近は気候変動で台風も大型化しているので、災害に強い漁港にしなければならない。海で囲まれた日本が水産立国として復活するために、漁港はその時代に求められる機能をどんどんアップデートしていくような“進化”を、常に求められているんです」

 震災から立ち上がった「おらが漁港」から、今日も全国各地に新鮮でおいしい水産物が届けられている。

●田老漁協

「製氷貯氷施設」の屋根の下まで、高さ17.3mもの津波が襲った。沖の堤防も破壊。田老町は「明治三陸津波」「昭和三陸津波」と過去2度も津波で甚大な被害にあったが、その都度、立ち上がってきた。

 漁師の高屋敷登さんと伊東博さんは「漁師の仕事の魅力を一度知ったら、やっぱりやめられないんだ。好きなんだよね」と語る。

 田老町漁業協同組合組合長の小林昭榮さんは「田老地区の復興は漁業ががんばらなければならない。漁協を中心に団結して、復興にむけてがんばろうという思いでした」と当時を振り返る。震災後、「漁村を守っていきたい」と若い漁師が増えているという。岩手県はわかめの収穫量が日本一。なかでも田老の「真崎わかめ」は肉厚で独特の歯ごたえと風味があり、高級わかめとして知られる。

●綾里漁港

 大船渡市三陸町にある漁村の綾里地区は人口約2600人の6割が漁協の組合員や家族だという。震災では、「荷捌施設」が津波により壊滅。漁船が製氷施設に乗り上げるなど、その被害は甚大だった。小石浜地区から水揚げされる「恋し浜ホタテ」が名産。

●釜石漁港

 全長約100mの大型貨物船「アジアシンフォニー」(4724トン)は停泊中に津波に遭い、船首が防潮堤を突き破り、道路まではみ出していた。2011年10月にようやく撤去された。

●大槌漁港

 震災によりわかめ、こんぶなどの養殖施設が全流出。しかし、昨年6月、大槌町は県内初の民間主導による試験養殖したギンザケを初出荷するなど新たな試みを行っている。

●音部漁港

 宮古市重茂地区を襲った津波は、場所によっては国内最大とされる40.5mにまで達した。重茂漁業協同組合組合長の山崎義広さんは「2年ほど仮設住宅にいたときも、海に出る生活を続けていました。海で被害に遭いましたが、それでも海に行くと気持ち的に明るくなる。海に助けられましたね」と振り返る。

●広田漁港

 岩手県最南端・陸前高田市にある港。広田湾漁業協同組合の漁船約1400隻のうち、震災後に確認できたのは約40隻のみだった。

※女性セブン2021年3月25日号

関連記事(外部サイト)