コロナで風景激変、それでも「楽しくなかったら学校じゃない」と校長が語る私立校の「新しい行動様式」

コロナで風景激変、それでも「楽しくなかったら学校じゃない」と校長が語る私立校の「新しい行動様式」

学校玄関口に設置されたアルコール消毒

 新型コロナウイルス感染対策のため、全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校要請が出されたのが昨年2月末だった。それから一年、学校内の風景もがらりと変わった。

 オンライン授業を始め、アルコール消毒やマスクの着用などといった感染対策はもちろんだが、「こういう時だからこそ、学校が少しでも過ごしやすい場所に」と考える先生は少なくない。コロナをきっかけに、革新を続ける青稜中学校・高等学校(東京都品川区)の青田泰明校長に話を聞いた。

遅れがちだったICT化、一気に進んだオンライン授業

「休校が明けても、自宅に基礎疾患がある方がいる、高齢者と住んでいるなどで、学校に来られない生徒もたくさんいます。そういう生徒向けにはオンラインで授業をおこなっています。そうやって、学校に来る生徒と来ない生徒で学習のスピードに差が出ないように、ハイブリッドなことができたのはコロナならではでした。

 入試も、ひとつの教室に入れる人数を減らしたり、人との接触を避けるため、タブレットでの試験方法も取り入れました。学校業界として、ICTを用いたパラダイムシフトが一気に進んだのは良いことですし、オンラインでここまでできる、でもこれはまだまだ難しい、といった課題も見えたのは大きな発見でした。」(青田校長、以下「」内同)

生徒も教員も 教室や部活での「新しい行動様式」 

 換気のため窓やドアを常時開けておく、手指のアルコール消毒、机の横にアクリル板をつけるなど、今やすっかり当たり前になった光景は、学校でも同じだ。

 生徒も教員も常にマスク着用。さらに教員はフェイスシールドをつけ、大声を出さなくても声が届くように小さなスピーカーを襟元につけるようにした。生徒たちがこれまで思い思いに机をくっつけ合って食べていたお弁当は、自分の席に座り、人と話をせずに食べる。

「マスクも外さず、“顎マスク”もしないようにするなど、周囲に気を遣うことを教えるところから始まりました。体育の授業もボールをこまめに消毒したり、コーラス部も間隔を2メートルあけて、コーラス用のマスクのようなものを使ったりとか、部活のなかの行動様式も変わりました」

コロナだったからこそできた「教育」−生徒の声で気付かされたこと

 昨年3月2日からの一斉休校の後、青稜では6月になって分散登校を実施。通常登校を再開したのは7月2日だ。季節はすでに夏になっており、生徒たちの「暑い」という訴えから、青田校長が気付かされたことがあった。

 夏にマスクをしていると、息がこもり、通常より汗をかく。「アイスクリームの自販機があったらいいな」という声を耳にした青田校長は、早速グリコ「セブンティーンアイス」の自販機を設置した。「こんな時だからこそ、学校を楽しい場所にしてあげたい」という思いからだ。

 そして問題になったのが、生徒たちの水分摂取だ。青稜の全校生徒数は約1600名。各フロアに設置されていた冷水機は20以上あったが、衛生的な観点から、すべて使用禁止にした。

「最初は水筒を持って来させていたのですが、どうしても足りない。昼休みを過ぎると、空っぽになってしまう生徒が続出しました。紙パック飲料の自販機は元々あったので、水筒の中身がなくなったらそれを買うだろうと思っていたのですが、変だなと思い始めたのは、9月頃からです。職員室に浄水器があるのを知っている生徒たちが、『水をいれてください』とやって来るようになったんです」

 最初、青田校長は節約しているのかと思ったが、どんどん職員室に“給水“に来る生徒が増えた。

「青稜には、ゼミナールという総合学習の講座があります。僕もそのうちの一つを担当していて、SDGsをテーマにしているのですが、それとは別に『最近学校にやってほしいこと、ないの?』という雑談を結構するんです。大人が『こうすれば良いだろう』と考えるよりも、聞いたほうが早いですから。そうしたら、ある時『水がほしい』と言われたんです。ジュースや牛乳、砂糖入りのような甘い飲料はまた喉が乾く。節約というよりも、単純に『水』がほしい、ということでした。

 そこでサントリーさんに連絡して、天然水だけの自販機を作れないかと相談しました。サントリーさんを選んだ理由は、SDGsに力をいれているのが印象的だったからです。せっかくなら生徒への教育にもなれば、と思って」

 天然水ばかり、1台に388本が入る自販機を設置したのが12月。すでに夏は終わっていたが好評で、週200本ペースで売れているという。

「冬だからこそ水分補給が必要なんだということも学びましたし、ペットボトルのリサイクル教育もできている。(前述の)セブンティーンアイスも、スティックをリサイクルしてお箸を作りました。コロナだからこそ気づけたこと、子供たちから教えてもらうことは多かったです」

 このゼミナール、実は今年度から始まったものだという。

「元々ゼミナールの構想はあったのですが、コロナになり、先生たちも考える時間ができたことで、ユニークさはあったと思います。例えば国語の先生で、アニメとか漫画から読解力を鍛えるような授業は大人気ですね。

 どの講座も好評なので、現在全部で14コマのところ、次年度は16コマに増やする予定です。楽しくなかったら学校じゃない。『こういう先生がいたらいいな』っていう理想が僕のなかにあるのは確かですが、教員たちの頭がとても柔軟なんです。それは私立だからこそかもしれません」

Slackで意見交換、校長が言い続けた「トライ・アンド・エラー」

 青田校長が言い続けたのは「トライ・アンド・エラー」。全教員がSlackを使い、学校生活がより快適になるようなアイデアをどんどん出し合う一方で、生徒たちの声にも耳を澄ませた。

「とにかく『正解はない』と。コロナという未曾有の環境下では、いつも以上に臨機応変に行動するしかない。コロナ禍の学校生活も2年目に突入しますが、一年目の経験があるので、去年に比べたら怖くはありません。ただでさえ制限がかかっている生活のなかで、子供たちにとって楽しくない学校になることがいちばん怖いことです」

 生徒の声を真剣に受け止め、迅速に行動にうつすのには、「楽しい学校」にする以外に、もう一つ理由がある。「声をあげたら叶うんだっていう経験を子供たちにしてほしい」――青田校長の“学校作り”は続く。

関連記事(外部サイト)