スーパー南海大地震発生なら死者50万人 津波は新宿や渋谷にも到達

スーパー南海大地震発生なら死者50万人 津波は新宿や渋谷にも到達

スーパー南海大地震発生なら被害は?(時事通信フォト)

 3月11日で東日本大震災から10年が経過し、地震への備えの大切さが再び注目されている。日本列島付近では、ユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境界線である南海トラフを震源として、マグニチュード(以下、M)8〜9クラスの「南海トラフ地震」が30年以内に発生する確率は「70〜80%」とされている。政府の想定によれば、最悪の場合、死者32万人超。経済被害は220兆円にものぼるという。

 空前の被害を及ぼす南海トラフ地震。だが、惨劇はそれだけでは終わらない。立命館大学環太平洋文明研究センター特任教授・高橋学さんが指摘する。

「フィリピン海プレートの境界線には、『南海トラフ』のほかに『相模トラフ』と呼ばれる震源域もあり、南海トラフ地震が相模トラフ地震を誘発する可能性があるんです。これらが連動するのが『スーパー南海地震』で、被害は関東から沖縄まで広範囲におよび推定死者数は約50万人規模になると推測されます」

 地震の連鎖は、過去、実際に発生している。1854年、M8.4の安政東海地震が発生すると、その32時間後に紀伊半島沖を震源とするM8.4の安政南海地震が起こり、甚大な被害を出したことが記録に残されている。もし、スーパー南海大地震が発生したらどうなるか? シミュレーションをした。

 南海トラフ地震が発生した数時間後の東京・汐留。再びスマホのアラームがけたたましく鳴り響いた。その数秒後、再び激しい横揺れに襲われた。余震かと思われたが、そうではない。南海トラフ地震と連動して、相模トラフ地震が発生したのだ。

 あたりを見回すと、高層ビル群が大きく揺れている。上層部の振り幅は、ゆうに5mを超えている。上層階の室内ではコピー機や冷蔵庫などが左右に移動し、勢いがついて窓ガラスを突き破り、次々に外に放り出されている。人間も同じだ。割れた窓から、多くの人が投げ出されている。

 相模トラフで発生した津波は、神奈川県の江ノ島や鎌倉など相模湾の沿岸を襲い、東京湾にも侵入する。横浜や川崎、千葉の海沿いにある石油タンクは激しい炎を上げて燃え上がり、その火が“津波火災”となって街を地獄絵図に変えていく。津波火災は沿岸部をのみ込むだけでなく、東京湾にそそぐ河川を逆流し始めた。

「東京の下町エリアは、隅田川が津波で氾濫して水没する危険性があります。山の手でも目黒川や善福寺川流域など狭い谷で大きな被害が出ます」(前出・高橋さん)

 街では水につかった車の電気系がショートして、ガソリンに引火。車が引火物となって、さらに津波火災が連鎖していく。名城大学特任教授の川崎浩司さんもこう警告を発する。

「東日本大震災の後に何度も現場を訪れましたが、海が見えない地域でも被害が発生しています。津波の浸水想定範囲に入っていない地域で、“自宅にいた方が安全”と思っているところへも近くの河川から津波が遡上してきて、被害を受けているのです」

 津波は銀座や丸の内、新宿や渋谷に到達し、水が地下に侵入。地下鉄のホームは水浸しになり、地下街の水かさがみるみるうちに増していく。階段を流れ落ちる水の深さは10cmほどもないが、高齢者は手すりに掴まっても上がることができず、階段の途中で立ち止まるのがやっとの状態。水かさがもう少し増せば、若い男性でも脱出は困難だ。

 地下鉄車両のドアの内側からは「ドアが開かない。助けてくれ!」と懸命に叫ぶ声が聞こえるが、膝まで達した水の重みで、大人が束になってもドアはピクリとも動かない。

「津波が来る前に地上に避難しておかなければ、大変なことになる。たとえ水深10〜20cmの水でも、逃げられずに溺死する人が相次ぐ可能性があります」(前出・高橋さん)

 家屋倒壊や津波、火災などの一次被害が収まっても、被害はまだまだ終わらない。堤防が壊れて水没した地域では、家の屋根やビルの高層階に避難した人たちが助けを求めている。だがその人数が膨大すぎて、救命ボートは本当に来てくれるのか。声を上げるのに疲れきった人々に絶望の表情が浮かび始める。

「浸水被害が大きすぎると排水作業がスムーズに進まないので、かなり長期間にわたる可能性があります。避難場所から抜け出したくても、海抜0m地帯では陸路での移動が難しく、船やヘリなどでの救助を待つしかありません」(前出・川崎さん)

 地下にある変電施設がことごとく水没し、送電線も甚大な被害を受けているため、電気の復旧も思うように進まない。タワーマンションでは、住民が水や食糧などの救援物資を受け取るために、延々と非常階段を上り下りする日々がいつ果てるともなく続いた。

「交通網の被害も深刻です。東海道新幹線も、東名と名神の高速道路も地盤が低いところを通っているので、甚大な被害を受ける。水が引いた後も復旧には何か月もかかるでしょう」(前出・高橋さん)

※女性セブン2021年3月25日号

関連記事(外部サイト)