南海トラフ地震が富士山噴火誘発したら… 首都機能は完全麻痺

南海トラフ地震が富士山噴火誘発したら… 首都機能は完全麻痺

南海トラフ巨大地震が起きれば富士山が噴火する可能性も(写真/時事通信社)

 東日本大震災から10年が経過したことで、防犯意識が再び高まっている。日本列島付近では、「首都圏直下地震」の発生確率が「今後30年以内に70%」、「南海トラフ地震」でマグニチュード8〜9クラスの地震が発生する確率が「30年以内に70〜80%」と予測されており、どれだけ備えても備えすぎということはない状況だ。さらに、南海トラフ地震が相模トラフ地震を誘発して連動する「スーパー南海地震」が起きる可能性も指摘されている。

 さらなる懸念材料もある。京都大学大学院人間・環境学研究科教授の鎌田浩毅さんが警鐘を鳴らす。

「南海トラフ巨大地震が、富士山噴火を誘発する可能性があります。富士山が前回噴火した宝永噴火(1707年)では、49日前に南海トラフを震源とする宝永地震が起きています。富士山のマグマだまりが、南海トラフ巨大地震によって揺すられたことで噴火したと考えられています」

 富士山が噴火すれば、900℃を超える溶岩が、富士山の南に位置する東名高速道路や東海道新幹線を一気にのみ込む。噴火と同時に山崩れが起き、土砂や岩石が時速100kmのスピードで街に向かうことになる。

 富士山から離れた首都圏にも被害は及ぶ。火山灰が広範囲に被害をもたらすのだ。宝永噴火では東京ドーム560杯分の火山灰が放出され、江戸の町にも16日間にわたって降り続けたという。

 内閣府は2004年に富士山の火山灰がどこまで、どのくらい降り積もるのかを想定したハザードマップを作成している。それを見ると、首都圏がすっぽりと覆われることがわかる。

 どのような被害に見舞われるのか。スーパー南海地震が富士山噴火を誘発した場合をシミュレーションした。

 ×月×日、午前11時。スーパー南海地震の被災地は、復興に向けて動き始めている。そこへ「富士山噴火」の速報が入る。2時間後、火山灰が東京に到達。真っ昼間にもかかわらず、東京の空は暗い闇に覆われた。屋外にいた人は目や喉に違和感を覚えて急いで室内に避難するが、痛みは激しさを増すばかり。

「火山灰は見た目はサラサラしていますが、マグマが粉砕されて微粒子になった薄いガラスの破片なのです。少量でも目や鼻、喉を傷つけて健康被害をもたらします。角膜が傷つけば、場合によっては失明する恐れもあります」(防災システム研究所所長の山村武彦さん)

 スーパー南海地震の影響で停電していた電気がやっと復旧したのに、火力発電所のタービンに火山灰が詰まって再び停電。携帯電話の中継機器を火山灰が覆い、電波が遮られて電話がつながらない。送電線に火山灰が付着した状態で雨が降れば、火山灰が電気を通してしまい漏電して火災が発生する危険性もある。

「現在は交通も金融もすべてコンピューターでコントロールされているため、火山灰がコンピューターに入り込めばシステムが狂い、首都機能は完全に麻痺してしまう」(武蔵野学院大学特任教授・島村英紀さん)

 浄水場に火山灰が降りそそげば、水を供給することもできない。

「火山灰は水で流すことができないので、下水に入り込むと下水道がつまり、下水が使えずトイレにも行けない。下水を使えるようにするには火山灰を掘り出して袋詰めにして捨てなければならないので、復旧にはものすごい時間を要します」(前出・鎌田さん)

 羽田空港や成田空港は富士山の風下に位置するため、火山灰をすべて撤去しないかぎり閉鎖が続く。車や電車、新幹線は火山灰が1ミリメートル積もっただけでスリップを起こす。スーパー南海地震による津波被害を回避できたとしても、あらゆる交通手段がストップしてしまうのだ。

「噴火が収まり火山灰が降ってこなくなったとしても、地面に積もった火山灰が舞い上がり、約1か月は被害を生み続けます」(前出・鎌田さん)

 ここに挙げた被害はほんの一部に過ぎない。首都直下地震、南海トラフ地震から相模トラフ地震に連動するスーパー南海地震、そして富士山噴火──いずれも“待ったなし”の状態であることを決して忘れてはならない。

※女性セブン2021年3月25日号

関連記事(外部サイト)