沖縄県で食中毒の患者数が昨年を大幅に上回り3.5倍に 生活衛生課が注意喚起

記事まとめ

  • 沖縄県生活衛生課などの集計で、2016年1-8月末までの食中毒患者数が350人に上った
  • 昨年同時期の患者数は100人で、昨年を大幅に上回り、3.5倍となっている
  • 同課は「高温多湿の時季が続き、油断が出るのかもしれない」と注意喚起した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております