沖縄に早くも秋風 伊江島でハゼノキ紅葉

沖縄に早くも秋風 伊江島でハゼノキ紅葉

城山の西側周辺にハゼノキが紅葉し、早くも秋の気配を感じさせる=2日、伊江村西江上

 【伊江】9月に入り残暑の厳しい日が続く中、朝夕は涼しい風が吹き、過ごしやすい季節となった。
 「イージマタッチュー」と呼ばれる伊江島のシンボル城山(ぐすくやま)の西側周辺にハゼノキ(ウルシ科、方言名パジマキ)の葉が赤や黄色に染まり、村民をはじめ、観光客や民泊で訪れた生徒たちの目を楽しませている。

 ハゼノキは城山の低地から山地の林縁などに多く植生し、紅葉する。数年ぶりに紅葉が広がり、“早めの秋”の訪れを感じさせている。(金城幸人通信員)

関連記事(外部サイト)