台風16号、16日先島接近 17日に本島へ

台風16号、16日先島接近 17日に本島へ

台風16号、16日先島接近 17日に本島への画像

 台風16号が13日、フィリピンの東海上で発生した。沖縄気象台によると発達しながら北西に進み、16〜17日にかけて沖縄地方に接近する恐れがある。接近すれば沖縄本島、宮古島、八重山の各地方で大荒れの天気となり、海上は大しけとなる見通し。猛烈な台風14号は沖縄地方から次第に遠ざかるとみられるが八重山地方は14日まで強風や高波などに警戒が必要。
 台風16号は13日午後6時にはフィリピンの東にあり、時速20キロで西北西に進んでいる。中心気圧990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル。

 16日午後3時には中心気圧950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートルの強い勢力に発達し、八重山地方の南海上に達する見通し。予報円の中心を通った場合、16日に先島地方、17日に沖縄本島地方に接近する恐れがある。

関連記事(外部サイト)