強い台風16号、16日石垣島に接近の恐れ

強い台風16号、16日石垣島に接近の恐れ

台風16号の14日午後12時発表の3日間の進路予想図(気象庁HPより)

 強い台風16号は14日9時現在、フィリピンの東を時速20キロで西北西に進んでいる。今後発達しながら先島諸島に向かうことが予想され、16日午前9時に石垣島の南約280キロに達する見込み。気象庁は、今後の台風情報に注意するよう呼び掛けている。 台風16号の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 八重山地方は14日、台風14号の影響で、うねりを伴った大しけとなっている。八重山気象台は、14日昼前まで台風14号の影響による高波に警戒するよう呼び掛けている。先島地方では、台風14号が去った後も、台風16号が接近する16日から17日にかけて、大雨や大荒れ、海上では大しけになる恐れがある。
【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)