着陸帯工事、120人が抗議活動 県警が県道で通行規制 北部訓練場

着陸帯工事、120人が抗議活動 県警が県道で通行規制 北部訓練場

工事車両の搬入を止めようと県道70号上に座り込んで抗議する人たちを強制排除する機動隊=14日、国頭村安波

 【ヘリパッド取材班】国頭村と東村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、沖縄防衛局は14日午後、民間のヘリコプターで工事のための資材を搬入した。早朝から集まった工事に反対する約120人は県道70号上で抗議活動を展開した。午前から午後にかけては、砂利を積んだ大型トラックが10台、N1地区ゲート前から北部訓練場の中に入っていった。訓練場内に入ったトラックが出てくるまで、県警は座り込みの人たちや一般車両の通行を規制し、約30分間、工事車両と警察車両以外の車両が県道70号を通れない状態が続いた。【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)