やんばるに秋の気配 サイヨウシャジン咲く

やんばるに秋の気配 サイヨウシャジン咲く

秋風に揺れるサイヨウシャジン=名護市多野岳

 【名護】秋の気配が感じられる頃になると山野に薄紫色のサイヨウシャジンが愛らしい姿を見せる。多野岳一帯の日当たりのよい草地でもかわいい花を咲かせた。花は釣り鐘形で、長さ2センチほど。下向きに咲き、先が反り返って花柱が飛び出している。
 本種はツリガネソウの基本種。シャジンはツリガネソウ一般を指す。サイヨウは細葉。「細葉沙参」と書く。根はゴボウ根で、漢方のせき止めなどに効用があるという。

 最近は生育地の開発などで減少。県は生育条件の変化によっては絶滅危惧種に移行する可能性があるとして、準絶滅危惧種に指定している。

 分布は九州、沖縄、台湾など。渡嘉敷島では群生が見られる。キキョウ科。(幸地光男通信員)

関連記事(外部サイト)