沖縄で飲酒運転の米兵逮捕

沖縄署、飲酒運転容疑で米兵逮捕 アルコール基準値超

 沖縄署は21日、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で嘉手納基地所属の米陸軍上等兵の男(22)を逮捕した。同署によると、男は「酒は一滴も飲んでいない」などと容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は21日午前2時45分ごろ、北谷町美浜の同町道で、酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。警察官が、スピードを出している車を見つけ注意しようと停止させたところ、男から酒の臭いがしたという。男の呼気からは基準値(呼気1リットル中0・15ミリグラム)の約2倍のアルコールが検出された。
【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)