高江差し止め求め住民が提訴 「人格権を侵害」 那覇地裁

高江差し止め求め住民が提訴 「人格権を侵害」 那覇地裁

ヘリパッド差し止めを求めて提訴後に会見を開く原告の住民ら=21日午前、沖縄県政記者クラブ

 東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、東村高江の住民ら33人が21日午前10時ごろ、国を相手に工事の差し止めを求める訴訟を那覇地裁に提起した。差し止めを求める仮処分も同時に申請した。 弁護団はヘリパッド建設はオスプレイの訓練激化につながるのは明らかで、現状よりも騒音が増加すると指摘。そのため身体的・精神的被害は、現状よりも深刻になるとして、ヘリパッド建設は周辺住民の「人格権」を侵害するとした。
【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)