宮古・石垣・与那国が26日に強風域 台風17号

 台風17号は24日午前6時45分現在、フィリピンの東の海上を時速20キロの速さで西北西へ進んでいる。沖縄気象台によると、26日午前には宮古島と石垣島、午後には与那国島が強風域に入る見通し。
 中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の北東側330キロ以内と南西側220キロ以内では風速15メートル以上の強風が吹いている。
 石垣地方気象台によると、八重山地方は25日、台風17号の影響で沿岸海域の波が高くなり、次第にしける見込み。石垣島地方では5メートル、与那国島地方では3メートルの波の高さが予想されている。27日にかけて大しけとなる恐れがある。【琉球新報電子版】