石垣島、与那国島地方は今日昼から夜にかけて暴風警報発表へ

石垣島、与那国島地方は今日昼から夜にかけて暴風警報発表へ

台風17号の進路予想図(26日午前6時、気象庁ホームページより)

 台風17号は26日午前6時現在、勢力を強めながら沖縄の南の海上を時速20キロで西へ進んでいる。26日夜から27日にかけて先島諸島に接近する見込みで、同日午後3時から6時にかけて石垣島地方に、午後9時〜27日午前0時にかけて与那国島地方に暴風警報が出る見込み。沖縄本島、大東島、石垣島、宮古島地方はまもなく強風域に入る。与那国島は昼過ぎに強風域となる見通し。

 沖縄本島、大東島、宮古島、八重山地方には現在、波浪警報が出ている。沖縄地方の沿岸海域では、うねりを伴う大しけとなっている。石垣島、与那国島、宮古島地方では最大瞬間風速35メートルが予想されている。

 気象庁によると午前6時現在の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また中心の北東側650キロ以内と南西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風17号の接近に伴い沖縄地方では激しい雨が降る恐れがある。26日午前6時からの24時間雨量は多いところで、沖縄地方150ミリを予想している。気象庁は河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)