台風17号 宮古、石垣空の便乱れる 61便欠航、5700人超に影響

台風17号 宮古、石垣空の便乱れる 61便欠航、5700人超に影響

気象庁予報部27日午後12時発表の台風17号の進路予報図

 大型で非常に強い台風17号の接近により、27日も石垣島、宮古島を離着陸する航空便に影響が出ている。欠航は61便にのぼり、5700人超に影響が出ると見られる。那覇空港でも遅延などが出ており、台風の影響で空の便のダイヤは大幅に乱れている。
 このうち、全日空(ANA)は午前10時30分現在、27日に石垣を離着陸する全便と、宮古を離着陸する一部の便、合計で29便の欠航を決めた。3400人に影響が出る見込み。

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、石垣と羽田、宮古と那覇などを結ぶ計20便が欠航し、2045人に影響が出る見込み。琉球エアーコミューター(RAC)も、宮古と多良間などを結ぶ計12便が欠航する。289人に影響が出る見込み。
【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)