台風18号 3日朝、沖縄本島地方に暴風警報発表の見込み

台風18号 3日朝、沖縄本島地方に暴風警報発表の見込み

台風18号の進路予想図(2日正午現在、気象庁のホームページより)

 非常に強い台風18号は2日正午現在、日本の南の海上を時速30キロで西北西に向かっている。沖縄気象台によると予報円の中心を通った場合、沖縄本島を直撃する可能性が高く、沖縄気象台は3日午前6時ごろには、本島地方に暴風警報を発表する見込みだ。進路によっては宮古島地方にも暴風警報を出す可能性がある。

 本島地方は3日昼から夕方にかけて暴風となり、最接近は本島中南部と久米島が3日夜、本島北部が4日未明から明け方の見通し。

 2日午前9時に「強い」から非常に強い」に変わった台風18号の正午現在の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル、中心から半径130キロでは25メートル以上の暴風が吹いている。

 3日にかけて沖縄地方で予想される波の高さは10メートル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。本島地方では3日、1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。

 石垣島地方と宮古島地方、大東島地方は3日明け方から昼すぎにかけて強風となる見込み。沖縄気象台は早めの台風対策を呼び掛けている。【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)