台風18号 本島、昼すぎ暴風域 70メートル級、厳重警戒

台風18号 本島、昼すぎ暴風域 70メートル級、厳重警戒

台風18号 本島、昼すぎ暴風域 70メートル級、厳重警戒の画像

 非常に強い台風18号は2日午後9時現在、沖縄の南の海上にあり、時速30キロで北西に進んでいる。沖縄気象台は3日朝には本島地方に暴風警報を発表する見込みで、進路によっては宮古島地方にも暴風警報を出す可能性がある。 沖縄気象台によると、本島地方は3日正午以降暴風域に入り、4日にかけて猛烈な風が吹く見込み。台風の最接近は大東島、宮古島、石垣島は3日昼すぎから夕方にかけて、本島地方と久米島は3日夜遅くから4日未明となる見通し。
 2日午後9時現在、台風の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。
 3日にかけて沖縄地方で予想される波の高さは10メートル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。本島地方では3日、1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。沖縄気象台は暴風、高波、大雨、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。
 空の便は3日、少なくとも260便が欠航を決めた。2万5千人以上の足に影響が出る。海の便は本島と座間味島、渡嘉敷島、久高島など周辺離島を結ぶ33便の欠航がすでに決まっている。台風の影響で2日、は本島と周辺離島を結ぶ海の便17便が欠航した。
 県は2日午後、災害警戒対策本部を設置した。

関連記事(外部サイト)