ふるさと納税、返礼は医療サービス 金武町、健診3コースを提供

 沖縄県金武町は5日から「ふるさと納税」の返礼品として県内で初めて医療サービスを提供する。一定額の寄付に応じて、地域医療施設「KIN放射線・健診クリニック」(金武町)で健診を受けることができる。自治体のふるさと納税関連事業を支援するラクセスイノベーション(沖縄市)によると、医療サービスの返礼は全国的にも珍しいという。

 返礼品として提供するのは「人間ドック受診コース」(寄付額8万5千円以上)、「脳ドック受診コース」(同)、「人間ドック+脳MRI受診コース」(寄付額14万円以上)の3コース。

 町は「高度な医療機器で健診を受けることで、町民に限らず県内外の皆さまも健康増進につなげてほしい」と利用を呼び掛けた。

 同クリニックの担当者は「旅行と併せて健診を受けてもらい、金武町を知ってもらえたらうれしい」と述べた。

 ふるさと納税とは自治体への寄付金の一つで、寄付をすると居住地の住民税が控除される制度。同クリニックは最新鋭の放射線治療機器を県内で唯一導入し、今年1月に開院した。健診内容などについての問い合わせはKIN放射線・健診クリニック(電話)098(968)4664。

関連記事(外部サイト)