墜落同型機ハリアー きょうにも飛行再開

 9月22日に米軍嘉手納基地を飛び立ち、沖縄本島東沖に墜落したAV8Bハリアー戦闘攻撃機と同型機が7日にも飛行を再開する。安慶田光男副知事は6日、飛行再開の発表を受けて北中城村石平のキャンプ瑞慶覧を訪ね、第3海兵遠征軍司令官宛てに抗議したほか、県庁に川田司沖縄担当大使、中嶋浩一郎沖縄防衛局長を呼び抗議した。嘉手納基地ではハリアー戦闘攻撃機がエンジン調整をしている様子が確認された。市民の反発も広がっており、7日は午前7時半と午後6時から嘉手納基地第1ゲート前で抗議集会が開かれる。 嘉手納基地では6日、午前10時50分ごろから約15分間にわたり、整備士が機体を点検する様子が確認された。飛行再開に向けて準備を進めているとみられる。

関連記事(外部サイト)