本島北部の優れもの勢揃い やんばるの産業まつり開幕

本島北部の優れもの勢揃い やんばるの産業まつり開幕

やんばるの特産品が大集合している「第32回やんばるの産業まつり」=8日午前11時12分、名護市21世紀の森屋内運動場

 【北部】「ホップ!ステップ!ジャンプ!やんばるの地域力 大・集・合」を合言葉に第32回やんばるの産業まつり(北部振興会主催)が8日午前、名護市21世紀の森体育館前駐車場と同市屋内運動場で始まった。9日まで。北部12市町村の特産品や加工品、工芸品が展示・販売されており、大勢の家族連れらが訪れている。
 同日午前10時に開会式が行われ、関係者らがテープカットをした。主催者あいさつで北部振興会会長の伊集盛久東村長は「(会場には)やんばるのすぐりむん(優れ物)が勢ぞろいしている。特設ステージは子どもから大人まで参加者全員が楽しめる内容だ。心ゆくまで楽しんでほしい」と呼び掛けた。【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)