ヒトデの一種「ヒョウモンカワテブクロ」を世界初展示

ヒトデの一種「ヒョウモンカワテブクロ」を世界初展示

ヒトデの一種「ヒョウモンカワテブクロ」を世界初展示の画像

 本部町の沖縄美ら海水族館は6日から、ヒトデの一種「ヒョウモンカワテブクロ」を世界で初めて展示している。31日まで。2個体を展示しており、今年4月に本部町沖で、8月に恩納村沖でそれぞれ採取した。
 同種でも個体によって色はさまざまで、主にインドネシアからフィリピンの浅い海域に生息する、直径約20センチのコブヒトデの仲間。

 沖縄美ら海水族館によると、琉球列島で見つかるのは非常に珍しく、1933年に八重山で採取されて以来、数例しかない。

関連記事(外部サイト)