インフルエンザ、那覇市に注意報 2中学校で学級閉鎖

 那覇市保健所は12日、3〜9日のインフルエンザ報告数が基準の10人を超えて定点当たり11・17人となったことから、市内に注意報を発表した。市教育委員会によると市内では9月末、インフルエンザによる学級閉鎖が2中学校であった。

 県健康長寿課によると、県内全域は注意報発令の基準値に達していない。同保健所は感染予防のため、外出後の手洗いやマスク着用、うがいの徹底を呼び掛けている。

 那覇市内で注意報が発表されるのは本年度初めて。

関連記事(外部サイト)