笑顔広がる県民食 きょう「沖縄そばの日」

笑顔広がる県民食 きょう「沖縄そばの日」

「まだ食べたことのない観光客にも味わってほしい」と話す五星そばの久高恭子さん=16日、那覇市安里

 10月17日は「沖縄そばの日」。那覇市安里の五星そばでは16日、観光客や学生らがもっちりとした食べ心地の麺を味わっていた。

 茨城県からの修学旅行生(17)は「そばっぽくなくて驚いたけど、すごくおいしい。また食べたい」と笑顔で麺をすすった。

 同店の金城孝太店長(37)は「時代の変化を取り入れながらも伝統の味を守り続けたい」と話す。従業員の久高恭子さん(49)は「沖縄そばを食べたことのない観光客も多い。たくさんの人に味わってほしい」と語った。

関連記事(外部サイト)