米軍ヘリパッド建設 ダンプ不正、警告は未定 総合事務局、違反認める

 【ヘリパッド取材班】米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で砂利の搬入に使われているダンプカーの不正改造問題で「基地の県内移設に反対する県民会議」の北上田毅さんらは18日、那覇市の沖縄総合事務局運輸部を訪れ、対応を求めた。

 総合事務局の嘉村徹也運輸部長は、巻き込み防止機能が阻害されているなどの疑いがあると認めた。違反確認のはがきを業者に送るとしたが「車両の使用者が確認できていない」とし、発送の時期は未定とした。

 北上田さんらは「はがきは悠長過ぎる。現場や業者に行って担当官が確認すれば一目瞭然だ」と求めたが、嘉村部長は「他の業務もあり、現場に行けない」と回答した。

関連記事(外部サイト)