別の機動隊員も暴言"シナ人"

高江警備暴言、「シナ人」も 別の大阪府警機動隊員

 東村と国頭村に広がる北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の建設を巡り、大阪府警の警備隊員が「黙れ、こら、シナ人」と暴言を吐いていたことが19日分かった。県警が同日午後、明らかにして謝罪した。警備活動ではこの発言以外にも抗議運動参加者を「土人」と呼ぶなど、差別的な表現が相次いで確認されている。 県警によると発言をしたのは大阪府警の20代男性隊員。県警の聞き取り調査などに対し事実関係を認めている。18日午前9時ごろから米軍北部訓練場のN1ゲート付近で、右翼関係者と抗議運動参加者がもみ合ったり、罵声を浴びせ合うなどのトラブルがあったという。大阪府警の機動隊十数人が間に入ったところ、一人の抗議参加者に対し、発言した。隊員は県警の聞き取りに対し「興奮して思わず言ってしまった。差別的な認識はなかった」と釈明しているという。
 県警は「シナ人」という言葉について「差別用語としてとらわれかねない不適切な言葉だ」との見解を示している。「土人」発言をした隊員は19日付けで離県し、大阪府警へと戻った。【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)