全国・障害者雇用支援ポスター 上杉さん最高賞

全国・障害者雇用支援ポスター 上杉さん最高賞

上杉疾風さんの作品「ムシはかせ」が使用されたポスター(高齢・障害・求職者雇用支援機構提供)

 高齢・障害・求職者雇用支援機構が募集した2016年度障害者雇用支援月間ポスター原画の審査で、大平特別支援学校の中学部1年の上杉疾風(はやて)さん(13)の作品「ムシはかせ」が、絵画・中学校の部で全国1位にあたる厚生労働大臣賞を受賞した。作品は上杉さんがカブトムシやクワガタ、セミを見詰める姿が丁寧に描かれている。上杉さんは「受賞できてうれしい。もっと昆虫の絵を描きたい」と笑顔を見せた。

 全国から絵画の部に1970点(小学校の部200点、中学校の部374点、高校・一般の部1396点)、写真の部に181点の応募があった。
 昆虫が好きだという上杉さん。絵を描くのも得意だといい、受賞した作品も「鏡を見て、かっこよく描きたいと思った。虫の色を塗るのが難しかった」と話した。

 19日には同校で報告会があり、受賞を記念した横断幕や手製のくす玉で祝い、集まった生徒たちが大きな拍手で快挙をたたえた。母のいずみさんは「周りの方々のおかげで、とてもうれしい。自信と次へのステップアップになる」と喜んだ。

関連記事(外部サイト)