青汁王子「本当分かんないんで怖い」トラブル相手の会長から号泣電話でドン引き 救急隊を装う連絡も?

青汁王子こと三崎優太氏と裁判中のライバー飯田会長が号泣電話 救急隊装う連絡も?

記事まとめ

  • 三崎優太氏が、裁判中の飯田祐基会長から号泣電話が掛かってきたことを明かした
  • その後、共通の知人から「救急隊から代筆です」というLINEが届いたとのこと
  • 三崎氏は「本当に迷惑」「何を言われてるか本当分かんないんで怖い」と戸惑いを見せた

青汁王子「本当分かんないんで怖い」トラブル相手の会長から号泣電話でドン引き 救急隊を装う連絡も?

青汁王子「本当分かんないんで怖い」トラブル相手の会長から号泣電話でドン引き 救急隊を装う連絡も?

三崎優太公式ユーチューブチャンネルより https://www.youtube.com/channel/UCJFzpJDW1yyaCBUZxmAz-3g

青汁王子こと実業家の三崎優太氏が、現在対立しているユーチューバー事務所・ライバーの飯田祐基会長から号泣電話が掛かってきたことを明かした。

 事の発端となったのは、三崎氏が結成した男性アイドルグループ「SNiii」。ライバーは「SNiii」のプロデュースを担当していたが、三崎氏は昨年6月、自身が用意し、ライバーに渡していた予算の使い方に疑問を呈す動画を公開した。

 その後、ライバーに所属するユーチューバー・コレコレの配信を通して三崎氏と飯田会長は一度は和解したように見えたものの、三崎氏はツイッターでライバーのさらなる経費の不正疑惑などを告発。これにライバー側も反論するなどし、騒動は泥沼状態に。双方、司法の場で決着を付けることなどを示唆していた。

 そんな中、三崎氏は6日に行った配信の中で、ライバーとの騒動に言及。その中で三崎氏は、ライバー側が周囲のユーチューバーや共通の知り合いに対し、三崎氏について「ありもしないことを言いふらしてるんですよ」と訴え。「脅されてた」「青汁は反社」といったことを含め、「完全に一線を越えてる」という発言もあると明かした。

 三崎氏はこうしたライバー側の言動をまとめた動画を公開する準備を進めていたというが、そんな中、飯田会長から突然電話が掛かってきたという。動画ではその音声も公開されていたが、飯田会長と思われる人物は声を上げて号泣しており、「(家に)行っていいですか?」「もう不利になってもどうでもいいんで」「ごめんなさい、電話しちゃって」と泣き叫んでいる状態となっていた。

 三崎氏は裁判中ということもあり、2人で会うことは冷静に断ったというが、その後、共通の知人からLINEで「救急隊から代筆です 飯田さん本人から救急陽性がありました 青汁の件と伝えれば分かるそうです」という真偽不明のメッセージが届いたとのこと。これに三崎氏は「本当に緊急搬送されたか分かんないんですけど、この程度のことで緊急搬送とかをされてたら、まず医療従事者に迷惑だと思う」「飯田さんのLINEを使って救急隊の人が代筆してるんですよ? 打つと思います?」と困惑した様子を見せていた。

 これらの言動に対し、「本当に迷惑」「何を言われてるか本当分かんないんで怖い」と戸惑いを見せていた三崎氏。ネット上からは「ライバー何がやりたいの?」「おかしな方向に行ってる」「飯田会長怖すぎ」という声が集まっていた。

記事内の引用について
三崎優太公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCJFzpJDW1yyaCBUZxmAz-3g

関連記事(外部サイト)