「心ない」と失望されたことも 地味に安定の岸田内閣、山際大臣の失言が目立つ?

山際大志郎大臣の失言や問題発言が目立つと懸念 一部ではイケメンといった評価も

記事まとめ

  • 山際大志郎衆議院議員は、経済再生担当相のほか資本主義担当相なども務めている
  • 一部ではイケメンといった評価もあが、失言や問題発言が目立つ人物ともされている
  • 担当も多く発言の機会も多いだけに、批判を集めてしまわないよう懸念する声もある

「心ない」と失望されたことも 地味に安定の岸田内閣、山際大臣の失言が目立つ?

「心ない」と失望されたことも 地味に安定の岸田内閣、山際大臣の失言が目立つ?

画像はイメージです

岸田文雄内閣に対する評価は「とにかく地味」というものだろう。そんな中で、最も危うい発言を繰り返していると言えるのが山際大志郎衆議院議員だ。

 第二次岸田内閣では経済再生担当相のほか、新しい資本主義担当相、新型コロナ対策・健康危機管理担当相、全世代型社会保障改革担当相、内閣府特命担当相(経済財政政策)を務めている。

 山際氏は獣医師の資格を持ち、東京大学大学院の出身。一部ではイケメンといった評価もある。だが、こうした経歴や肯定的な評価がある一方で、岸田内閣の中では失言や問題発言が目立つ人物ともされる。

 2021年10月には、岸田氏が「所得倍増計画」を掲げ、これに対し疑問の声がSNS上などで起こると、山際氏は「所得倍増は所得が2倍になるという意味ではない」とインタビューで釈明。これに対し「苦しい言い訳」といった批判が殺到してしまった。

 2022年2月にはれいわ新選組の山本太郎衆議院議員が、内閣委員会でコロナ対策として即時の現金給付などを求め、閣議ですぐに取り上げるよう要求。しかし山際氏は「閣議で話をする内容だというふうには私は思いませんが、現場からのそういう話があることに関して、お困りの方を何とかお助けできるようにしていく」などと答弁した。山本氏がイエス・ノーで迫ったとはいえ、この曖昧な答弁には「心ない鬼」といった失望の声が聞かれた。山本氏ものちに「完全に塩(対応)ですね」と批判している。

 同月には衆参両院議院運営委員会の場で、立憲民主党の中谷一馬衆議院議員が「ワクチン接種の遅れ」「検査キット不足」「医療供給不足」の三重苦の状態ではないかと質問したのに対し「医療逼迫という状況にはなっていないというふうに認識している」と回答。「もうめちゃくちゃ」「認めない限り医療逼迫じゃない!すごいマイルールだよね」といった批判をネット上で集めてしまった。

 あからさまな失言や暴言ではないものの、山際氏はかなり際どい発言を繰り返していると言えるだろう。担当も多く発言の機会も多いだけに、今後思わぬ一言が批判を集めてしまわないよう願うばかりだ。

関連記事(外部サイト)