自分の胸のアピールだと炎上も? 乳がん検診ポスターだけじゃない、物議醸した検査呼びかけ

自分の胸のアピールだと炎上も? 乳がん検診ポスターだけじゃない、物議醸した検査呼びかけ

ジャニュアリー・ジョーンズ

乳がん検診を呼びかける、ピンクリボンフェスティバル・デザイン大賞の受賞作品が物議を醸している。今回は、乳がんの早期発見のために検査受診を呼びかけるポスターとして、福引きなどに用いられるガラガラを胸に模したものが選ばれた。そこには「『まさか、私が』と毎年9万人が言う」のキャッチコピーが添えられている。がんという病気と、福引きの当たりを重ね合わせるような表現が批判を集めてしまった。

 こうした事例は今回ばかりではない。海外に目を移せば、テレビドラマ『マッドメン』への出演などで知られるアメリカの女優ジャニュアリー・ジョーンズが2018年10月に、乳がんの啓発運動で炎上騒ぎを起こしている。

 彼女は自身のインスタグラムのアカウントに、上半身裸で片手で胸を隠す画像をアップし、乳がん検診の日程などを添えた。さらに、画像はハロウィン風に加工されていた。10月が乳がん検診の啓発月間だったため便乗したのだろうが、「単に自撮り写真を載せて胸の大きさをアピールしたかっただけでは」と炎上してしまった。

 日本では、2016年から武内直子氏による人気漫画、アニメ作品『美少女戦士セーラームーン』と厚生労働省がコラボし、梅毒などの性感染症(STI)とHIV検査を呼びかけるキャンティーンを展開。ポスターには、主人公の月野うさぎとともに「検査しないとおしおきよ!!」のキャッチコピーも添えられた。このキャンペーンは、性病が増えているとされた若い女性層にターゲットを絞って展開されたようだ。さらに、セーラームーンをあしらった避妊具を無償配布する動きも見られた。

 しかし、ネット上では「女性だけ検査に行かせても、性病を感染させる男性の方にも問題があるのでは」「子どもが『セーラームーン』好きだから見せたくない」「そもそもセーラームーンって中学生では」といったツッコミが生じてしまった。

 健康啓発活動には、普段は興味がない人にメッセージを届け、動かない人に動いてもらおうとさせるため、インパクトや話題性を先行させる側面があるのは否めない。しかし、あまりにも行き過ぎた表現や言動は、やはり批判や炎上を招いてしまうと言えるだろう。

関連記事(外部サイト)