日本スポーツ界の利権をさらう黒船≠フ参入が? 今後の五輪中継は大きく変化か

日本のスポーツ中継を『黒船』が席巻 今後の五輪中継もDAZNが獲得する可能性

記事まとめ

  • TBS・安住紳一郎アナがNHKの北京五輪中継を巡る姿勢を批判し、視聴者への不満も述べた
  • しかし、スポーツ中継はそのレベルで収まらない話になる可能性があるという
  • プロ野球などの放映権はDAZNの独占状態で、五輪中継もDAZNが獲得する可能性がある

日本スポーツ界の利権をさらう黒船≠フ参入が? 今後の五輪中継は大きく変化か

日本スポーツ界の利権をさらう黒船≠フ参入が? 今後の五輪中継は大きく変化か

画像はイメージです

TBSの安住紳一郎アナウンサーが、北京五輪最終日を迎えた20日放送のTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」で、NHKのオリンピック中継を巡る姿勢を批判した。

 同番組の放送時間帯は、史上初の金メダルが期待されたカーリング女子の日本-イギリス戦がNHK総合で放送されていた。

 安住アナは、「得するのはNHKだけだよ。オリンピック(の放送)を一緒にやろうって言ってさあ、お金を出しといて。民放が放送する種目は裏のBSでやるっていうさ。なんていうやり方だ」と批判。

 さらに、「民放テレビなんか潰れればいいと思ってるんでしょ? すぐ、みんな言うもんね、『スポーツはNHKで見た方がいいんだ』みたいな。見ればいいじゃない」と視聴者に対する不満をぶちまけたのだ。

 そして、「どうせ今日なんか誰も聴いてないんだから、私も思いの丈をいっぱい述べちゃうわ」と興奮冷めやらぬ様子だったのだ。

 らしからぬ毒舌に対して、ネット上では《スポーツ中継となると、どうしても民放はNHKに敵わない》、《安住さん、勇気を出してくれましたね》、《NHKと民放の間でどんな話があったかわからんけど、安住さんの言いたいことはわかるよね》、《民放のネットって日本全県に及んでいるわけでは無くて、県によっては全く放送がない系列もある》など賛否両論が巻き起こったが、もはや、そのレベルで収まるような話にならなくなってしまうかもしれないというのだ。

 「すでに日本国内では、プロ野球、Jリーグの放映権は黒船≠ナある外資のDAZN(ダゾーン)が独占状態。それどころか、サッカー日本代表のワールドカップアジア最終予選のアウェー戦の放映権まで獲得してしまった。放映権料を決めるIOC(国際オリンピック委員会)からすれば、少しでも高い金額を提示したところに売るのがビジネス。なので、DAZNが本気で五輪の放映権を獲得しに来たら、日本のテレビ各局は対抗できないだろう」(放送担当記者)

 今月22日から、DAZNは1か月の定額利用料金を1925円から3000円に値上げ。かなり強気だが、五輪放映権獲得への布石かもしれない。

関連記事(外部サイト)