48歳無職男、元上司に「死ね、ハゲ、クソ野郎」と記載した手紙を送り逮捕 市役所にもカミソリ送る

48歳無職男、元上司に「死ね、ハゲ、クソ野郎」と記載した手紙を送り逮捕 市役所にもカミソリ送る

画像はイメージです

愛知県豊田市に住む48歳無職の男が、元上司に脅すような内容の文書を複数回送りつけたとして逮捕された。

 男は今年1月、過去に勤務経験のある同県名古屋市港区の事務所に、元上司の宛名で「しねはげくそやろう」(死ね、ハゲ、クソ野郎)と記載した紙を入れた封筒を2回郵送し、脅迫した疑いが持たれている。この男は2月にも、豊田市役所にカミソリの刃13枚が入った封筒を送ったとして逮捕されていた。

 警察の取り調べに対し、男は「送ったことは間違いない」と容疑を認めているとのことだが、現在のところ動機などはわかっていない。元上司や市役所に何らかの恨みを持っていたこと、単に相手に嫌がらせをして楽しんでいたなどの動機が考えられる。いずれの動機があったとしても、相手を脅迫するような行動は犯罪であり、許されるものではない。

 男の行動に、ネットユーザーからは「根に持つタイプだったんだろうか。それともよほど酷い仕打ちを受けていたんだろうか」「こんなことをしても気持ちが晴れることはない。もっと違うことを考えた方がいい」「恨みを訴える手紙を送るにしても、もうちょっと違う文言で送ったらどうか。直接的な誹謗中傷じゃ捕まるに決まっている」と怒りや呆れの声が上がる。

 一方で、「かなりひどい扱いを受けた可能性もある。行動は犯罪だけれど、気持ちはわかるかもしれない」「よっぽど上司がムカついたんだろう。何かしてやりたいと感じていたんだろうね。もちろん、行動を起こしてしまうのはまずい」「脅迫文を送りつけられた会社側も、何があったのか調べてみてはどうか」という指摘も出ていた。

関連記事(外部サイト)