坂上忍、国際パラ会長の“平和”スピーチに「勝手に叫んでて」と批判 「失礼極まりない」怒りの声も

坂上忍、国際パラリンピック委員会会長の「平和」スピーチを批判 ネットで物議

記事まとめ

  • 『バイキングMORE』で、坂上忍が国際パラリンピック委員会(IPC)会長のスピーチを批判
  • IPCのパーソンズ会長は、開会式のスピーチで、最後に「PEACE!(平和を)」と叫び話題に
  • 坂上は「まあ、勝手に叫んでてください」と吐き捨て、「失礼極まりない」と批判の声も

坂上忍、国際パラ会長の“平和”スピーチに「勝手に叫んでて」と批判 「失礼極まりない」怒りの声も

坂上忍、国際パラ会長の“平和”スピーチに「勝手に叫んでて」と批判 「失礼極まりない」怒りの声も

坂上忍

7日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長が北京パラリンピックの開会式で披露したスピーチを紹介。これに対するMC坂上忍の発言がネット上で物議を醸している。

 4日に行われた北京パラリンピックの開会式。パーソンズ会長はスピーチで、「21世紀は対話と外交の時代のはずです。戦争と憎しみの時代ではありません」と訴え、「五輪休戦協定は尊重されるべきだ。侵害されてはならない」と主張。最後に「PEACE!(平和を)」と大きな声で叫び、話題になった。

 一方、一部報道で中国国営放送では、パーソンズ会長が戦争を批判した約1分間、通訳を行わなかったことが明らかに。さらに、スピーチの音量も極端に下げられていたという。

 番組でこの話題が紹介され、進行の伊藤利尋アナウンサーは「中国とロシアの距離、この関係というのも大変気になるところです」と解説。

 一方、坂上は「まあねえ、このIPCの会長も当初はね、ロシア軍がウクライナに侵略してもロシアの選手は個人で出すって言ってて、それを土壇場で手のひら返したわけですから」と指摘。その上で、「まあ、勝手に叫んでてくださいとしか言いようがないんですけど」と吐き捨てていた。

 しかし、この発言にネット上からは、「平和を訴えてる人にその言い方はないでしょ」「ひどい…」「何様だ?」「テレビ見てこんなに腹がたったのは初めて」「失礼極まりない」といった批判的な声が多く集まっていた。

 平和を訴えたパーソンズ会長に対する発言として、あまりにもふさわしくなかったようだ。

関連記事(外部サイト)