74歳男、キャットフードを万引きして逮捕「野良猫にあげるため」などと供述

沼津市で、74歳無職の男がキャットフードを万引きし逮捕 「野良猫にあげるため」

記事まとめ

  • 沼津市で、74歳無職の男がキャットフードを万引きしたとして逮捕されたことが判明
  • これまでにもキャットフードの万引きで逮捕、「野良猫にあげるためにやった」とも
  • 「野良猫にエサをやるなんて絶対に嘘。転売し換金していたに決まっている」などの声も

74歳男、キャットフードを万引きして逮捕「野良猫にあげるため」などと供述

74歳男、キャットフードを万引きして逮捕「野良猫にあげるため」などと供述

画像はイメージです

静岡県沼津市で、74歳無職の男がキャットフードを万引きしたとして逮捕されたことが判明。その行動と動機に疑問の声が上がっている。

 男は20日正午過ぎ、沼津市の量販店を訪れ、キャットフード15個、計1600円を上着に入れ店を出ようとした。その様子を目撃した私服警備員が取り押さえ、事態が発覚。その後、警察に窃盗の疑いで逮捕された。

 警察の取り調べに対し、男は容疑を認めているとのこと。また、これまでにもキャットフードを万引きして逮捕されたことがあり、その際には「野良にあげるためにやった」などと供述していることがわかっている。警察によると、男は一人暮らしで、猫を飼っていなかったとのこと。野良猫にエサをあげたいという気持ちから盗んだものと思われるが、犯罪であり、不適切な行為だ。

 男の犯罪に、ネット上では「野良猫にエサを上げるなんて絶対にウソ。転売して金に替えていたに決まっている」「野良猫を世話することで寂しさを埋めたくなっていたことは理解できるが、だからと言って盗みをするのは良くない」「野良猫のことを思うなら、エサをあげてはいけない。結局、自分の寂しさを埋めるために、自分勝手な行動をしていただけ」と厳しい声が上がる。

 一方で、「野良猫に優しくしたくなる気持ちはわかる。やり方が間違っていただけ」「コロナで無責任に猫を飼い、その後野良にしているやつらがいる。そういう人間こそ諸悪の根源だよ」「野良猫をなんとかしたいのなら、保護猫活動をするとか、いろいろと方法はあるはずだ」という指摘も出ていた。

関連記事(外部サイト)