56歳男性巡査部長、交番で拳銃を撃ち書類送検「自分のための練習と若手警察官の指導」と話す

交番で拳銃を「空撃ち」した巡査部長を書類送検 「罪になることを知らなかった」の声

記事まとめ

  • 男性巡査部長が、交番で「空撃ち」をしていたとして、書類送検されたことがわかった
  • 「若手警察官に拳銃使用の重要性を指導するためだった」と話したという
  • 「実弾抜きで撃ったら罪になることを知らなかった」など、驚きの声があがっている

56歳男性巡査部長、交番で拳銃を撃ち書類送検「自分のための練習と若手警察官の指導」と話す

56歳男性巡査部長、交番で拳銃を撃ち書類送検「自分のための練習と若手警察官の指導」と話す

画像はイメージです

愛知県警に勤務する56歳の男性巡査部長が、勤務していた交番で拳銃の実弾を抜いて引き金を引く「空撃ち」をしていたとして、書類送検されたことがわかった。

 男性巡査部長は2020年5月から2021年11月にかけ、交番の中で銃弾を拳銃から抜いたうえ、壁などに向けて引き金を引く「空撃ち」を行っていたとして、24日付で銃刀法違反の疑いで書類送検された。

 取り調べに対し、男性巡査部長はサックが新しく変わったことに触れ、「拳銃を抜き出して撃つという自分のための練習と、若手警察官に拳銃使用の重要性を指導するためだった」と話したという。

 県警は男性巡査部長を減給10分の1(3か月)の処分に。男性巡査部長は24日付で依願退職した。拳銃の所持は警察が許された特権だが、当然使用方法を間違えれば犯罪に転用することができる。慎重に使用するべき犯罪で「空撃ち」をしていたことは、非常に驚きだ。

 なんともお粗末な事案に、ネット上では「まるでこち亀の両津勘吉。両さんはみんなに愛されていたけど、この人はだめだね」「こんなことをやっているから56歳で巡査部長なんだよ。どうしようもないよ」「練習なんて、警察学校の射撃練習場でやればいいだろ。交番でやるのはもってのほか」「犯罪に転用しようとしていたのではないか」などの声が上がる。

 一方で、「実弾抜きで撃ったら罪になることを知らなかった」「こういうことでも、銃刀法違反になってしまうんだね」という指摘や、「空撃ちして何が楽しいんだろう」「銃ばかりに意識が行っているのは危険だと思う」などの声も出ていた。

関連記事(外部サイト)