上京初日の惨劇! 現金をスラれた少年たちがタクシー強盗【衝撃の未成年犯罪事件簿】

上京初日の惨劇! 現金をスラれた少年たちがタクシー強盗【衝撃の未成年犯罪事件簿】

画像はイメージです

新幹線や飛行機を使えばどこにでも行ける今の時代とは違い、戦争直後に若い世代が東京へ出て働くというのは非常に大変なことだった。中には都会での生活に慣れず犯罪に手を染めてしまう若者もいたようだ。

 終戦から9年が経過した1954(昭和29)年の5月3日早朝、和歌山県のある町で生まれ育った当時18歳と15歳の若者が就職のために東京駅に降り立った。

 少年たちは友人同士で、東京での新生活に胸を膨らませていた。
 だが、都会を知らない2人は東京駅に到着して早々、新たな壁にぶつかることになる。

 勤め先へ行くのにはまだ時間があると、東京駅の構内を見学して歩いていたところ、2人そろってスリに遭ってしまい、持ち金の大半を取られてしまったのだ。

 東京に着いてすぐに、当面の生活費や交通費などを失ってしまった2人は意気消沈。実家へ帰ることも誰かに金を借りることもできず、2人は呆然と立ち尽くしてしまった。
 だが、しばらくして2人はわずかに残った現金である買い物をすることになる。それは露店で売っていた小型ナイフであった。

 2人はその夜、小型ナイフを片手にタクシーに乗車。運転手の背中にナイフを突き刺し、乗車料金900円を踏み倒したという。

 タクシー運転手は幸いにも命に別条はなかったが一時重体となり、全治6週間のけがをした。
 15歳の少年はすぐに警察に逮捕されたが、18歳の少年はその後も逃亡を続け、2日後に愛知県内で逮捕されたという。

 少年がなぜ愛知県まで逃げたのかは不明だが、故郷である和歌山県に帰ろうとしていたのではないだろうか。

 戦後の貧しい時代、新天地で働く若者も大きな苦労をしていたのである。

関連記事(外部サイト)