フィフィ「人権守られない対応された事は一度もない」入管対応について投稿も賛否

フィフィ「人権守られない対応された事は一度もない」入管対応について投稿も賛否

フィフィ

タレントのフィフィが3月30日のツイッターで、入管(出入国在留管理庁)の対応に持論を述べた。入管と言えば、名古屋出入国在留管理局でスリランカ人女性が死亡するなど、収容者への対応が問題視されている。

 フィフィは「入管が人権を守らないから訴えているんです。ってリプもらいました」とツイート。続けて、「私は何度も入国管理局に行ったことがありますが、人権が守られないような対応をされた事は一度もありません。仮に法を犯して入管に収容されても、指示に従わなかったり、暴れたりすれば押さえつけられたりするのは当然だと思います」と書き込んだ。

 フィフィ自身、外国人として入管へ赴いたが、特に問題を感じたことがないようだ。これには、ネット上で「説得力が違うよね」「マスメディアがまず伝えないことだよなぁ。こう言うことを伝えたら、入管への見方も変わるだろうし、入管法の変な点もわかってくるのかな?と思う」「全くその通り。警察だって公務中に執行対象が暴れたり妨害すれば、それが日本人であっても取り押さえる」といった声が聞かれた。

 一方で、「私たまに付き添いで東京入管行きますけど、日本人が見ても一部対応に不備はある」といった声も聞かれた。やはり、施設や職員ごとに対応が違う実情もあるのかもしれない。

 さらに、「問題はそこではなく、死亡のリスクが高まった時に適切な対応をしなかったこと。入管の事件は単発ではなく、何件も起きていること。入管を庇うことでエスカレートしていること自体が問題」といった慎重な立場からの声も聞かれた。

 フィフィは同日の別ツイートでは、役場などで威圧的な声を上げる人を例に、「ルールを守らない人が厳しく対応されて当然だと思う。迷惑だから」とバッサリと切り捨てている。フィフィとしては、シンプルに最低限のルールは守るべきだと言いたいのだろう。

記事内の引用について
フィフィのツイッターより https://twitter.com/fifi_egypt

関連記事(外部サイト)