24歳男性会社員、530万円を振り込め詐欺で奪われる 高齢者でなくても注意が必要

24歳男性会社員、530万円を振り込め詐欺で奪われる 高齢者でなくても注意が必要

画像はイメージです

岐阜県高山市で、24歳の男性会社員が530万円をだまし取られたことが判明。その手口に驚きが広がっている。

 警察によると、男性は3月15日、携帯電話に「インターネット利用料金が未納」とするショートメールを受信。この内容を信じてしまい、記載された番号に電話をかけてしまう。すると、10万円をATMで振り込むよう促され、指定された口座に入金した。

 その後、男性の電話にセキュリティ協会と称する人物から、「携帯電話がランサムウェアに感染しているので保険に入った方がいい」などと電話が入る。男性はここでも不審に感じることなく、言われた通りに3月30日までに計15回、総額530万円を振り込んでしまった。

 3月30日に警察官を名乗る人物から電話があったことで、不信感を持った男性が警察に連絡。詐欺が発覚した。現在のところ、犯人の特定など詳しい捜査状況はわかっていない。詐欺は高齢者がターゲットになりやすいが、今回は24歳の男性が引っかかってしまった。

 今回のように、「料金が未納」などと連絡先が記載されたショートメールを送り、連絡してきた人物から金を取るという事件に引っかかる事案は多々発生している。直近では、千葉県柏市の30代男性が同様の手口に引っかかり、1160万円をだまし取られる事件が発生した。若い層であっても、引っかかる人は引っかかってしまうという現実がある。

 「有料サイトを見ていないのに、未納料金を請求されることはありません。そもそも有料動画サイトで、料金未納にも関わらず見られるということはない。今は、ネットで電話番号を検索すれば詐欺電話であることがわかりますし、得体が知れない場合は、官公庁の消費者相談センターもあります。ショートメールでの料金請求は基本的に詐欺だと思って無視してください」(事件記者)

 詐欺被害に引っかからないよう、十分注意してもらいたい。

関連記事(外部サイト)