38歳男性医師、同じ病院勤務の25歳女性看護師に暴行 不貞を疑う声も

38歳男性医師、同じ病院勤務の25歳女性看護師に暴行 不貞を疑う声も

画像はイメージです

兵庫県尼崎市のマンションで、同じ病院に勤務する25歳の女性看護師に暴力を振るったとして、38歳の医師が逮捕されたことが判明。その行動が物議を醸している。

 警察によると、男性医師は3月31日午前0時15分頃、尼崎市内のマンション1階の玄関付近で、このマンションに住む女性看護師に対し、胸ぐらをつかむ、背中をつねるなどの暴力行為をした。

 被害を受けた女性が警察に届けて、事態が発覚。捜査の結果、暴力行為が明らかになった模様で、傷害の疑いで逮捕した。取り調べに対し、男性医師は「間違いありません」と容疑を認めている。2人の関係性は現在のところわかっていないが、同じ病院に勤務しており、屋外から一緒に事件現場に入ったとのこと。警察は「対人関係のもつれが原因と見られる」としているが、2人が交際や不倫関係にあった可能性もゼロではなさそうだ。

 この事件に、ネット上では「関係のもつれって、不倫していてこじれたんじゃないの? 正直どっちもどっちな感じがするよ」「病院の主従関係を外でも強要していたということなのでは。いずれにしても闇が深いよね」「胸ぐらをつかんだ後に背中もつねるって、普通じゃない。肉体関係を感じさせる行為に思える」などの声が上がる。

 また、「医師のくせに女性を傷つけるなんて最低すぎる。医師の職も辞めるべきだ」「胸ぐらをつかんで背中をつねるという行為が次元の低さを体現しているよ。馬鹿じゃないのか、と思ってしまう」「医師の中には他人を見下して偉そうにしている人間もいる。この男も、そういう感じでは」という指摘が出ていた。

関連記事(外部サイト)