ひろゆき、河P監督の東大スピーチに「ロシアからお金を貰っているのか」と皮肉 共感の声も

河瀬直美監督が東大入学式で「ロシアを悪者にすることは簡単」発言 ひろゆき氏が皮肉

記事まとめ

  • 河瀬直美監督が東大入学式の祝辞で「ロシアを悪者にすることは簡単」と述べた
  • ひろゆき氏は「ロシアからお金を貰っているのか、頭が悪いのかどちらですか?」と皮肉
  • ネットでは「どこから見ても悪でしかない」など、ひろゆき氏の皮肉に共感する声も

ひろゆき、河P監督の東大スピーチに「ロシアからお金を貰っているのか」と皮肉 共感の声も

ひろゆき、河P監督の東大スピーチに「ロシアからお金を貰っているのか」と皮肉 共感の声も

ひろゆき氏のツイッターより https://twitter.com/hirox246

実業家のひろゆきこと西村博之氏が4月12日のツイッターで、同日に行われた東京大学の入学式での映画監督の河P直美氏の祝辞内容に疑問を示した。

 河P氏は祝辞で「ロシアを悪者にすることは簡単」と述べ、続けて「一方的な側からの意見に左右されてものの本質を見誤ってはいないか。誤解を恐れずに言うと『悪』を存在させることで私は安心していないか」と話した。

 ロシアのウクライナ侵攻に関しては、ロシアばかりを責める姿勢が日本の報道では多く見られるが、河P氏は別の視点も必要と言いたかったのかもしれない。ひろゆき氏はその内容に関して、「他国に侵略して民間人を虐殺してる戦争を見て『喧嘩両成敗』とか言ってる人」と例える。続けて「ロシアからお金を貰っているのか、頭が悪いのかどちらですか?」と皮肉を向けた。

 これには、ネット上で「同感。ロシアのしたことはどこから見ても悪でしかない」「どんな理由があれど、他国への侵略行為は許されない、というのは共通認識かと思ってた」といった共感の声が多く並んだ。さらに、「東大に呼ばれたため、文化人気取りで理屈を捏ね回した結果、おかしな事言い出したのだと思います」といった声が聞かれた。

 一方、ひろゆき氏が河P氏の言葉を「両成敗」と評したことに、「「『両成敗』とは言ってない気がするが、戦争が進行していて民間人がたくさん死んでいる今言うこととしてはふさわしくないと思う」といった慎重な立場からの意見も聞かれた。

 良くも悪くも芸術家らしいとも言える河P氏の入り組んだ言葉が、物議を醸しているのは確かかもしれない。

記事内の引用について
ひろゆき氏のツイッターより https://twitter.com/hirox246

関連記事(外部サイト)