62歳男、女性のカバンに使用済みコンドームを入れ逮捕 バス停留所で犯行

62歳男、女性のカバンに使用済みコンドームを入れ逮捕 バス停留所で犯行

画像はイメージです

兵庫県尼崎市で、バスに乗ろうとしていた女性のカバンに使用済みのコンドームを入れたとして、62歳のアルバイト男が逮捕された。

 男は1月25日午後8時45分頃、尼崎市内のバス停留所で、バスに乗ろうとしていた24歳女性の背後に回ると、持っていたカバンの中にコンドームを入れた。その後、女性が帰宅しカバンを開けたところ、コンドームを確認。被害届を提出し、警察が捜査を開始する。

 バスに設置された防犯カメラを確認した結果、男が女性のカバンの中に物を入れている様子を確認。尼崎市内に住む62歳のアルバイト男が容疑者に浮上し、14日に兵庫県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕した。現在のところ、容疑者の認否や動機などは明らかになっていない。男の真意は不明だが、行動はかなり異常である。

 男の行動に、ネット上では「何がしたいのかわからない。単なる嫌がらせだろうか」「使用済みというところが、かなり気持ちが悪い。ふざけている」「62歳にもなって中学生でもやらないような犯罪。こんな人間には絶対になりたくないよね」「カバンを開けて恥ずかしがる姿を想像していたのか? 全く理解ができない行動だ」と疑問視する声が相次ぐ。

 また、「いかにも尼崎という感じがする事件。使用済みのコンドームというところとか、特にね」「気色の悪い人間。そんなのが入っていたら、泣きたくなる。カバンも捨てると思う」「再犯の可能性が高い。もう少し刑罰を重くしてほしい」という指摘も出ていた。

関連記事(外部サイト)