YOSHIKIとは今も親交あり? 小泉純一郎元首相、意外な交流や活動

YOSHIKIとは今も親交あり? 小泉純一郎元首相、意外な交流や活動

小泉純一郎元首相

小泉純一郎元首相が、全国各地で続けてきた原発ゼロを訴える講演会活動を止めると宣言し、話題を集めている。80歳という高齢が理由のようだ。

 小泉氏は2009年に67歳で政界を引退した。その後、2011年の東日本大震災で起こった福島第一原発事故を受けて、脱原発を掲げるように。2014年には、東京都知事選に細川護煕元首相を立て、原発ゼロを掲げて自身も応援に回った。その後も全国各地で講演会を続けてきた。

 ここ10年ほどの小泉氏と言えば、「原発ゼロ活動」のイメージが強いが、その他にも様々な活動を行っている。

 2018年には、イギリスのメディア「フィナンシャル・タイムズ」のランチを食べながらのインタビュー企画に登場するも、「私は昼食を食べない」と小泉節を炸裂させた。09年の引退以来、1日2食と決めているのだという。

 2020年には、日本共産党委員長で衆議院議員の志位和夫氏と、音楽之友社が運営するWebマガジン「ONTOMO」で対談。小泉氏と志位氏は、政治的には対立軸に置かれる真逆の存在だが、音楽通の共通項がある。政治を離れて音楽愛を語り尽くした。対談記事は「タメ口」も交じるフランクな内容となっている。

 小泉氏と言えば、総理大臣時代の2001年にX JAPANの『Forever Love』を自民党のCMソングに起用し、話題となった。2017年には「新経済サミット2017」で、楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長とYOSHIKIとの3人でトークセッションを行った。また、同年発行の書籍『極:超一流の世界へようこそ! 18組の対論』(東京書籍)でも、YOSHIKIとスペシャル対談を行っている。今でもYOSHIKIとは親交があるようだ。

 こうして見ると、政界引退後の小泉氏は原発ゼロの講演会行脚だけではない、悠々自適な暮らしをしている面もあると言えるかもしれない。

関連記事(外部サイト)