53歳男性教諭、パチンコに負け激怒し精算機を破壊 2017年にも同様の行動

沖縄の53歳男性教諭、パチンコに負け激怒し精算機を破壊 停職1か月の懲戒処分

記事まとめ

  • 沖縄県名護市のパチンコ店で53歳の中学校教諭の男性が精算機の液晶ディスプレイを破壊
  • 男性は負けたことに腹を立て精算機を拳で三度叩いたといい、2017年にも消化器を破損
  • 停職1か月の懲戒処分となったが、「2回目なのにまだ雇うわけ?」と疑問の声も

53歳男性教諭、パチンコに負け激怒し精算機を破壊 2017年にも同様の行動

53歳男性教諭、パチンコに負け激怒し精算機を破壊 2017年にも同様の行動

画像はイメージです

沖縄県名護市のパチンコ店で精算機の液晶ディスプレイを壊したとして、うるま市内の中学校に勤務する53歳の男性教諭懲戒処分を受けたことが21日、分かった。

 沖縄県教育委員会によると、男性教諭は2月17日、名護市内のパチンコ店を訪れ遊戯に興じる。その後、負けたことに腹を立てると、店内に設置されていたカード精算機を拳で三度叩き、液晶ディスプレイを壊した。

 教育者がパチンコ店を訪れ、負けた腹いせに物を壊すという行為は信じ難いものがあるが、なんとこの男性教諭はこれが初めてではなかった。2017年にも那覇市内のパチンコ店で、負けた腹いせに店の業務用消火器を車から放り投げ、消火器を破損させていた。当時は、減給10分の1(3か月)の処分となっていた。

 沖縄県教育委員会は、この男性教諭を21日付で停職1か月の懲戒処分としたと発表。教育長は「教育公務員としてあるまじき行為で、許されるものではない」などと話した。しかし、懲戒免職処分とはしておらず、処分が明ければまた教壇に立っていく模様だ。

 男の行動に、ネット上では「キレたら何をするかわからない。こんな男が教壇に立っているなんて恐怖でしかない」「自分の感情をコントロールできない。一般企業では通用しないから、教師になったのではないかと思えてしまう」「パチンコで勝てるわけがない。全てがおかしい」と怒りの声が上がる。

 また、「2回目なのにまだ雇うわけ?この甘さは一体どこから来るのか」「まさに既得権益。民間の感覚とはかけ離れている」と処分の甘さに疑問も多かった。

関連記事(外部サイト)