谷原章介、「土下座しても亡くなった方は帰って来ない」知床観光船事故、社長の会見に苦言で賛否

谷原章介、知床観光船事故に「土下座しても亡くなった方は帰って来ない」と苦言し賛否

記事まとめ

  • 28日放送『めざまし8』で知床半島沖で事故を起こした観光船運営会社社長の会見を特集
  • 谷原章介は「土下座、何回しても亡くなった方は帰って来るわけではありません」と指摘
  • ネット上では共感の声があがる一方、「しなければしないで批判しそう」といった声も

谷原章介、「土下座しても亡くなった方は帰って来ない」知床観光船事故、社長の会見に苦言で賛否

谷原章介、「土下座しても亡くなった方は帰って来ない」知床観光船事故、社長の会見に苦言で賛否

谷原章介

28日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)で、北海道知床半島沖で事故を起こした観光船運営会社社長の会見を特集。番組MCの谷原章介の感想が物議を醸している。

 この日番組では、前日の27日に行われた運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長による会見を中心に報道。会見冒頭では社長が「お騒がせして大変申し訳ございませんでした」と土下座を行った。その直後も再び土下座し、計3回土下座をしていた。

 番組ではこの土下座について、遺族からの「土下座はポーズ」「成り行き」といった怒りの声も紹介していた。

 また、危機管理コンサルタント鈴鹿久美子氏の解説も紹介。鈴鹿氏は「土下座した後にすぐ立ち上がった。作業として土下座をしているように見える」「3回目の土下座はなぜしたのか伝わって来ない」と分析したという。

 さらに、谷原も「土下座、何回しても亡くなった方は帰って来るわけではありません」と重々しい表情で指摘していた。

 谷原の発言にネット上からは「その通り」「責任取ろうとする気がない人ほど簡単に土下座するよな」「しておけばいい感しか伝わってこない」「完全にパフォーマンス」という賛同の声が集まることに。

 一方、ネット上からは「そんなこと言ったら会見やっても帰って来ない」「反省の土下座かポーズの土下座か分からないでしょ」「しなければしないで批判しそう」「会見の発言より土下座の仕方批判する方もどうかと」「土下座チェックとか訳分からん」といった困惑の声も集まることに。賛否両論となっていた。

関連記事(外部サイト)