知床事故社長の土下座が物議、過去にもパフォーマンスと批判された会見が

知床遊覧船・桂田精一社長の土下座が物議 「パフォーマンスにすぎないのでは」と批判

記事まとめ

  • 知床観光船の遭難事故で、知床遊覧船・桂田精一社長の土下座が物議を醸している
  • 土下座行為に「パフォーマンスにすぎないのでは」といった批判が生じてしまった
  • 元KAT-TUN田口淳之介の保釈時の土下座については、出来すぎた展開が批判を集めた

知床事故社長の土下座が物議、過去にもパフォーマンスと批判された会見が

知床事故社長の土下座が物議、過去にもパフォーマンスと批判された会見が

画像はイメージです

北海道知床半島で発生した観光船の遭難事故を受け、運行会社の「知床遊覧船」の桂田精一社長が4月27日夕刻に記者会見を行った。そこで見せた土下座が物議を醸している。桂田社長は会見の冒頭、「このたびはお騒がせして、大変申し訳ございませんでした」と話し、約10秒間に渡って土下座を行った。会見の途中にも再び約8秒間に渡って土下座し、最後にもう一度土下座した。

 だが、この行為に「まずは被害者への謝罪が先では」「パフォーマンスにすぎないのでは」といった批判が生じてしまった。不祥事に際して、当事者が土下座を行う行為はこれまでにも見られた。しかし、逆効果となってしまう場合が少なくない。

 2016年1月15日に長野県軽井沢町で起こったスキーバス転落事故では、乗員・乗客41名中、15人が死亡した。観光地で発生した事故としては、今回の知床のケースと似ている。バスの運行会社「イーエスピー」は事故翌日の16日に謝罪会見を開き、社長らが涙ながらに土下座を行った。しかし、誰に対しての謝罪、土下座であるのかが明確ではなく、批判を集めてしまった。

 元KAT-TUNの田口淳之介は、2019年5月22日に大麻取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕される。同6月7日の保釈時に警察署の前で約16秒間に渡って土下座を行うが、出来すぎた展開が批判を集めてしまった。

 2011年4月には、富山県などの焼肉店でユッケなどの肉を食べた多数の客が体調不良を訴える食中毒事件が発生。翌月までに5人が死亡、24人が重症となった。経営元の「フーズフォーラス」の社長は、当初は異常なテンションで会見を行い、「逆ギレ」と見なされて批判が殺到し、後日改めて土下座を伴う謝罪を行った。しかし、タイミングとしては遅すぎるものだろう。

 同年5月には、東日本大震災の発生後、被災地を訪れた東京電力の社長が、被災者たちへ土下座を行いながら謝罪をした。しかし、社長と幹部らが示し合わせたように土下座を行ったことから、「事前に準備済だった?」「これでは誠意が見られない」といった批判を集めてしまった。

 こうして見ると、土下座は時と場合によっては謝罪の意味をなさず、逆効果になってしまうのは確かだろう。

関連記事(外部サイト)