「ちゃんと聞いてください」ゲストも苦笑? 2022年、関口宏の物議を醸した行動

関口宏の発言が批判を受けることが増加 上原浩治氏の名前を「上野さん」と間違える

記事まとめ

  • TBS『サンデーモーニング』MCの関口宏の発言が批判を受けることが増加しているという
  • 2022年1月には上原浩治氏の名前を「上野さん」と間違え、上原氏から喝を入れられた
  • 岡崎朋美氏がスケートの技術を語ったときには、「よくわからない」と苦笑していた

「ちゃんと聞いてください」ゲストも苦笑? 2022年、関口宏の物議を醸した行動

「ちゃんと聞いてください」ゲストも苦笑? 2022年、関口宏の物議を醸した行動

画像はイメージです

1987年10月にスタートした、TBS朝の長寿番組『サンデーモーニング』(TBS系)にMCとして出演する関口宏。今なお、現役として番組を進めているが、その発言が批判を受けることも増えてきた。

 東映フライヤーズや東京読売巨人軍などで活躍し、3085安打を記録した張本勲氏に代わり、巨人軍などを経て、ボストン・レッドソックスでワールドシリーズ胴上げ投手を経験した上原浩治氏が「週刊ご意見番」就任した2022年1月。23日の放送で、関口は上原氏に対し、顔を見ながら「上野さん…」とつぶやいてしまう。

 すると、上原氏は「今の関口さんに喝です。ちゃんと聞いてました」と発言。関口も「聞いてました?」と笑い、険悪ムードにはならなかったが、レギュラー出演者の名前を忘れるという行為は、かつて名司会者と呼ばれた頃の関口には考えられないことだった。

 また、北京オリンピックが開催されていた2月20日の放送では、ゲスト出演していた元長野オリンピックスケート銅メダリストの岡崎朋美氏が、スピードスケート女子10000メートルで金メダルを獲得した高木美帆選手について、「全体的なバランスが素晴らしい」「スケーティングの技術ですね、アウトフラットインの技術が…」と語ると、関口は「ええ?」と叫ぶ。

 岡崎氏はなおも「アウトフラットイン」と口にするが、関口は「なんだかよくわからない」と苦笑いを浮かべ、岡崎氏に「もう、ちゃんと聞いてくださいよ」と冗談半分ではあったものの、ツッコミを入れられていた。

 かつては『知ってるつもり?!』(日本テレビ系)で、人物の生き方などを振り返る番組を担当していた関口。生放送と収録の違いはあるものの、名司会者と呼ばれていた時代なら、「わからない」という発言にはならなかったのかも。

 7月で79歳となる関口。今後も彼らしい司会の方法で、視聴者を楽しませてくれることだろう。

関連記事(外部サイト)