ホイッスルや作業服も…性的嗜好を満たすために執着、異常な窃盗事件

異常な窃盗事件に「信じられない」と驚き 性的嗜好を満たすためホイッスルなど収集も

記事まとめ

  • 一般人では考えられない物に性的興奮を覚え、盗みに入って収集する事件が顕著だという
  • 小学校でホイッスルを盗んだ61歳の男は「性的嗜好を満たすためにやった」と供述した
  • また作業服とズボン4点を盗んだ41歳の男は「匂いが嗅ぎたくて盗んだ」と供述したそう

ホイッスルや作業服も…性的嗜好を満たすために執着、異常な窃盗事件

ホイッスルや作業服も…性的嗜好を満たすために執着、異常な窃盗事件

画像はイメージです

人間である以上、誰にも少なからず性的嗜好を持つと言われる。それを理性で抑えるのが、現代に生きる人間の義務というものだが、最近は抑えきれない人間による犯罪も少なくない。

 特に顕著となっているが、一般人では考えられない物に性的興奮を覚え、盗みに入って収集する事件。報じられるたびに、「信じられない」と驚きの声が上がる。

 今年3月、兵庫県明石市で61歳の男が小学校に窓ガラスを割って侵入すると、女子更衣室に保管されていたホイッスル1個を盗み、逃走した。男は別の小学校侵入事件で逮捕されており、捜査の過程でこの事件も発覚したのだ。

 男は翌4月、窃盗などの疑いで逮捕される。取り調べに対しては「性的嗜好を満たすためにやった」と供述した。なお、ホイッスルは57歳の女性教諭が使っていたものだった。ホイッスルを使ってどのように性的嗜好を満たしていたのかは、わかっていない。

 北海道札幌市では2021年7月、当時41歳の男が同市にある建築現場の事務所に侵入し、作業服とズボン4点を盗んだ。警報アラームが鳴り、警察官が駆けつけたが、男は逃走した。

 その後、警察が防犯カメラの映像などから男を特定し、同月、建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕した。取り調べに対しては「匂いが嗅ぎたくて盗んだ」と供述したとのこと。かなり汗臭い代物だと思われるが、男はこのきつい匂いに、惹かれていたようだった。

 同じ札幌市では2020年8月、当時23歳の男が男子児童のランドセル、女子児童の靴、100足の靴、自転車のサドルなどを盗んだとして逮捕された。

 男女構わず靴、サドル、ランドセルに異常な執念を燃やしていた男は、取り調べに対し、「自身の欲求を満たすためだった」と話したとのこと。一体、どのような目的だったのかは、わかっていない。なお、この男は4度目の逮捕だったということだ。

 被害者にとっては迷惑でしかない、性的欲求を満たすための窃盗事件。異常な執着と極めて高い再犯性という共通点がある。

関連記事(外部サイト)