グリーン券詐取だけじゃない、女性との旅行に議員パスを使用した議員も?

国会議員になりすまし新幹線チケットを詐取 横峯良郎氏や山尾志桜里氏も過去に問題に

記事まとめ

  • 元参議院議員が、国会議員になりすまし新幹線チケットをだまし取ったとして逮捕された
  • 横峯さくら氏の父親・横峯良郎氏に、議員パスの不正利用疑惑が巻き起こったことも
  • 鴻池祥肇氏は女性とともに熱海へ旅行し、その際にJR無料パスを使っていたと報じられた

グリーン券詐取だけじゃない、女性との旅行に議員パスを使用した議員も?

グリーン券詐取だけじゃない、女性との旅行に議員パスを使用した議員も?

画像はイメージです

元参議院議員の山下八洲夫容疑者が、国会議員になりすまして新幹線チケットをだまし取ったとして逮捕された。山下容疑者は自民党の現職の国会議員の名前を騙ったという。

 国会議員に当選すると、地元の選挙区との移動のためのパスが支給される。その内容は選挙区に応じてJR全線パス、JR全線パス及び1か月当たり東京・選挙区間3往復分の航空券引換証、1か月当たり東京・選挙区間4往復分の航空券引換証から選択可能だ。

 航空クーポンは関西から西、東北から北と地域が定められている(一部の県は除く)。これより内側の地域は鉄道や新幹線移動となるのだろう。議員特権と言えば、月100万円が無条件で支給される文書通信交通滞在費が問題となったが、この議員パスも特権の一つとされてきた。

 過去には国会議員がトラブルを起こしたこともある。プロゴルファーの横峯さくら氏の父親として知られる横峯良郎氏は、民主党の参議院議員を務めていた2011年に議員パスの不正利用疑惑が巻き起こった。横峯氏は生活基盤が宮崎県にありながら、沖縄県を地方の活動住所として届け出、航空券クーポンを得ていた。宮崎と沖縄の距離分を多く受け取ったことになる。

 自民党の参議院議員だった鴻池祥肇氏(故人)は、2009年に『週刊新潮』(新潮社)で女性とともに静岡・熱海へ旅行し、その際にJR無料パスを使っていたと報じられた。報道の影響か、鴻池氏は官房副長官を辞任。「健康上の理由」とされたが、報道は言い訳の出来ないものであり、その影響は否めない。

 国民民主党の衆議院議員だった山尾志桜里氏も、2021年にパスの不正使用の実態を『週刊文春』(文藝春秋)のウェブサイトである「文春オンライン」に報じられる“文春砲”を浴びた。山尾氏は議員パスを用いて、都内のマッサージ店に通い、買い物をする様子が報じられた。お手軽な感覚で使ってしまったということなのだろう。

 こうして見ると、やはり求められるのは、それを使う人の意識次第と言えるかもしれない。

関連記事(外部サイト)