前澤友作氏に「1万円は少額じゃない」批判相次ぐ 「少額の出資」を呼びかけるも謝罪

前澤友作氏、1万円程度の少額出資呼びかけるも「少額じゃない」と批判相次ぐ

記事まとめ

  • 前澤友作氏が、SNSフォロワーに1万円程度の少額出資でのDAOの組織設立を提案した
  • 一部フォロワーから「1万円は少額じゃない」「せめて1000円とか」との声が集まった
  • 前澤氏はすぐに「1万円。決して少額ではないですね。。。失礼しました」とコメント

前澤友作氏に「1万円は少額じゃない」批判相次ぐ 「少額の出資」を呼びかけるも謝罪

前澤友作氏に「1万円は少額じゃない」批判相次ぐ 「少額の出資」を呼びかけるも謝罪

前澤友作公式ツイッターより https://twitter.com/yousuck2020

実業家の前澤友作氏が、SNSのフォロワーに、1万円程度の少額出資でのDAOの組織設立を提案。しかし、その提案がフォロワーたちから反感を買う事態になっている。

 問題となっているのは、前澤氏が30日にツイッターやインスタグラムに投稿した「フォロワーの皆さん!みんなで会社作りませんか?」という呼びかけ。

 前澤氏は「社員になってもらう訳ではなく、少額の出資(1万円とか)と、スマホでできる簡単なお手伝いをお願いするかもしれません」と説明。「みんなでアイデアを出し合ってビジネスを大きくし、利益が出たら山分けです」と明かした。

 また、前澤氏は続けてのツイートで、正確には「会社」ではなくDAO(分散型自律組織)だと説明。「今後はこの新しい組織形態のDAOが株式会社みたいに拡がり、一人の人が複数のDAOに参加するようになると思います。雇い雇われのザ・資本主義はもう古くなるね」と分析していた。

 しかし、この提案に対し、前澤氏の元には一部のフォロワーから「1万円は少額じゃない」「あなたのはした金の少額1万円は私が何時間も働いて稼ぐ1万円です」「1万円…食費何日分なんだろ?」「せめて1000円とか…」という声が集まる事態に。

 また、これらの声を受け、ネットからは「1万円の価値観でトラブルになるような事では参入しにくい」「1万円の出資を少額と思わない人とビジネスできるか…?」「フォロワーはこれまでお金配られる側だったから払えはしないんじゃない?」という疑問の声も集まっていた。

 これを受け、前澤氏はすぐにツイッターで「1万円。決して少額ではないですね。。。失礼しました」とコメント。新ビジネスのはずが、先行き不安となってしまったようだ。

記事内の引用について
前澤友作公式ツイッターより https://twitter.com/yousuck2020

関連記事(外部サイト)