NHK党・立花党首の放送テロ≠阻止したテレ朝 TBSは綾野剛に関する発言カットも

テレビ朝日『報道ステーション』でNHK党・立花孝志党首は"退場" 党首討論を放送

記事まとめ

  • 『報道ステーション』でNHK党・立花孝志党首らが出演する党首討論が放送された
  • 立花党首は「綾野剛の淫行について言及する予定」と"爆弾"の投下を予告していた
  • テーマから逸脱する発言で立花氏は"退場"、『news23』では発言をカットされたという

NHK党・立花党首の放送テロ≠阻止したテレ朝 TBSは綾野剛に関する発言カットも

NHK党・立花党首の放送テロ≠阻止したテレ朝 TBSは綾野剛に関する発言カットも

NHK党・立花孝志党首

6月16日にテレビ朝日系のニュース番組「報道ステーション」で参院選党首討論が放送されたが、その前日、NHK党立花孝志党首がツイッターで爆弾≠フ投下を予告していた。

 NHK党は、暴露系ユーチューバーのガーシーこと東谷義和氏を参院選の比例区に擁立。立花氏は東谷氏をバックアップしているが、ツイッターで《明日、立花孝志がテレビ朝日の生放送に出演します。これが去年の模様です。11分辺りに出てきます。あたしは綾野剛の淫行について言及する予定です》と、東谷氏が暴露したスキャンダルを生放送で拡散することを予告したのだ。

 そして、迎えた同番組の生放送。リモート出演中の立花氏の番が回って来たが、冒頭からいきなり、「テレビをご覧の皆さん、テレビは核兵器に勝る武器です。テレビは国民を洗脳する装置です。テレビは国民が知るべき真実を隠しています」と発言。

 続けて、「番組サイドからテーマから逸脱する発言は控えてくださいと言われた」と発言。すると、その言葉にかぶせるように大越健介メインキャスターが「そうですよ」と制した。

 その後、立花氏の発言を大越キャスターが制するやりとりが何度か続き、大越キャスターが「求められていた発言でないので、ここで打ち切らせていただきます」と言うと、中継が途切れ立花氏は退場≠ニなったのだ。

 「事情の分からない視聴者は置いてけぼりを食らった展開だったが、テレ朝は放送テロ≠阻止した形に。立花氏は局を出るとユーチューブのライブ配信を行い、事前に書面を配られたり、テレ朝のプロデューサーから事前に電話があったことなどを呆れた様子で暴露した」(放送担当記者)

 また、TBSの「news23」では事前収録での党首討論を放送。立花氏によると、綾野に関する発言をしたが、カットされてしまったという。

関連記事(外部サイト)